Twitter テイラードオーディエンスとは?【CRMデータを利用した広告配信】

Twitter テイラードオーディエンスとは?【CRMデータを利用した広告配信】

 

昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。

 

Appleの「ITP2.3」、Google「3rd Party Cookie 規制」、欧州の「GDPR」、カリフォルニア「CCPA」のようにCookieの規制が強化されつつあります。

 

そのため、今後は自社が保有している顧客のデータを活用することが重要になってきます。

 

そこで今回は、Twitter社のCRMデータを利用した広告配信が可能な広告メニューを解説します。

 

Twitterテイラードオーディエンスの概要

 

Twitterテイラードオーディエンスとは、Twitter広告のターゲット設定オプションの1つで、Twitter利用者の中から既存の顧客を見つけ出す機能です。

 

自社の既存顧客データを活用することで通常のオーディエンスと比較して、より精度の高い広告配信が行えます。

 

類似の広告手法としてGoogleのカスタマーマッチやFacebookのカスタムオーディエンスなどの手法が存在します。

 

Twitterテイラードオーディエンスの媒体仕様

 

媒体によって変動がある要素として、以下のポイントがあります。

  • 利用条件
  • マッチングキー
  • 配信先
  • 配信に必要な最低マッチ数

 

利用条件

 

Twitterの場合、Googleと違って、過去の出稿金額などの条件はないです。

 

マッチングキー

 

以下のようなマッチングキーが利用可能です。

  • メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • モバイル広告ID(iOS広告IDとGoogle広告ID、または入手できない場合はAndroid ID)
  • Twitterユーザー名またはTwitterユーザーID

 

以下は各CRMデータのフォーマットについて記載します。

  • メールアドレス
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • テキストに小文字を使用し、先頭および末尾のスペースを削除します
    • サンプル
      • support@twitter.com

 

  • 電話番号
    • 列のヘッダー
      • phone
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 国番号(先頭のゼロは省略し、たとえば米国の場合は001ではなく1にします)と市外局番を含めます。+、-、()などの文字は省略します
    • サンプル
      • 14083008000
      • 454083008000

 

  • モバイル広告ID(iOS広告ID)
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • IDFAエントリは小文字とダッシュで記載します
    • サンプル
      • 4b61639e-47cc-4056-a16a-c8217e029462
  • モバイル広告ID(Google広告ID)
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 端末の元の形式であるダッシュ付きの小文字を使用します
    • サンプル
      • 2f5f5391-3e45-4d02-b645-4575a08f86e

 

  • Android ID(モバイル広告IDが取得できない場合)
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      •  端末の元の形式であるダッシュなし、スペースなしの小文字を使用します
    •  サンプル
      • af3802a465767e36

 

  • Twitterのユーザー名
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • @を含まず小文字で記載し、先頭および末尾のスペースを削除します
    •  サンプル
      • jack

 

  • TwitterのユーザーID
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 整数を使用します
    •  サンプル
      • 143567

 

配信先

 

配信先は基本的にTwitter面のみが配信可能になります。

  • Twitter タイムライン

 

配信に必要な最低マッチ数

 

CRMデータを利用した配信には、マッチをかけた”後”のボリュームが重要になります。

 

自社が保有する顧客データと、Twitter社が保有する顧客データが一致しなければ広告配信の対象にはなりません。

 

そのため、以下のように配信に必要な最低マッチ数の仕様があります。

  • 配信に必要な最低マッチ数
    • リマーケティング配信:100マッチ以上(Twitterログイン30日以内)
    • 類似拡張配信:媒体非開示

 

リマーケティング配信は、マッチした人に対して広告出稿をする方法です。100マッチから配信可能になるものの、対象となるボリュームが少ないので配信金額としてはかなり少なくなると思います。

 

類似拡張配信は、マッチした人に類似しているユーザーに広告出稿をする方法です。媒体非開示ですが、上記同様に1,000マッチほどを目安にするといいですね。あまり少なすぎても、類似拡張するときに偏ってしまう可能性があるためです。

 

Twitterテイラードオーディエンスのユースケース

 

CRMデータを利用した広告配信のユースケースも解説しています。

 

以下のようなユースケースが考えられます。

  1. 広告配信の抑制
  2. アップセル&クロスセル
  3. オプトアウト顧客へアプローチ
  4. メール未開封者へのアプローチ
  5. 休眠顧客の掘り起こし
  6. 類似拡張配信

 

各ユースケースの詳細は以下の記事を参考にしてください。

関連記事

CRMデータを利用した広告配信のユースケース【解説】   CRMデータを用いることで、今までの広告配信の幅を広げながら、既存顧客や新規顧客にアプローチをすることが可能になります。   CRMデータを利[…]

crmdata advertising usecase

 

既存顧客から新規顧客まで、一貫してCRMデータを活用した広告配信が可能になります。

 

通常のCookieを利用した広告配信に加えて、CRMデータを利用した広告配信にも積極的に取り組み時代になっています。

 

他の媒体でも利用可能ですので、気になる方はこちらからどうぞ。

 

Googleカスタマーマッチはこちらから↓

関連記事

Google カスタマーマッチとは?【CRMデータを利用した広告配信】   昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。   Appleの「ITP2.3」、Google「3rd Party C[…]

crmdata google

 

Facebookカスタムオーディエンスはこちらから↓

関連記事

Facebook カスタムオーディエンスとは?【CRMデータを利用した広告配信】   昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。   Appleの「ITP2.3」、Google「3rd Pa[…]

crmdata facebook

 

LinkedIn アカウントターゲティング/コンタクトターゲティングはこちらから↓

関連記事

LinkedIn アカウントターゲティング/コンタクトターゲティングとは?【CRMデータを利用した広告配信】   昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。   Appleの「ITP2.3」[…]

crmdata linkedin

 

以上がTwitterテイラードオーディエンスの詳細となります。

今後の広告配信の参考になれば幸いです。

Advertising