Facebook カスタムオーディエンスとは?【CRMデータを利用した広告配信】

Facebook カスタムオーディエンスとは?【CRMデータを利用した広告配信】

 

昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。

 

Appleの「ITP2.3」、Google「3rd Party Cookie 規制」、欧州の「GDPR」、カリフォルニア「CCPA」のようにCookieの規制が強化されつつあります。

 

そのため、今後は自社が保有している顧客のデータを活用することが重要になってきます。

 

そこで今回は、Facebook社のCRMデータを利用した広告配信が可能な広告メニューを解説します。

 

Facebookカスタムオーディエンスの概要

 

Facebookカスタムオーディエンスとは、Facebook広告のターゲット設定オプションの1つで、Facebook利用者の中から既存の顧客を見つけ出す機能です。

 

Facebookの傘下でもあるInstagramについても同様にこのカスタムオーディエンスが利用可能です。

 

自社の既存顧客データを活用することで通常のオーディエンスと比較して、より精度の高い広告配信が行えます。

 

類似の広告手法としてGoogleのカスタマーマッチやTwitterのテイラードオーディエンスなどの手法が存在します。

 

Facebookカスタムオーディエンスの媒体仕様

 

媒体によって変動がある要素として、以下のポイントがあります。

  • 利用条件
  • マッチングキー
  • 配信先
  • 配信に必要な最低マッチ数

 

利用条件

 

Facebookの場合、Googleと違って、過去の出稿金額などの条件はないです。

 

ただFacebookのカスタムオーディエンス利用規約に同意することは必須です。

 

規約に同意することで、通常の広告配信に加えて、Facebookカスタムオーディエンスの利用が可能です。

 

ちなみに1つの広告アカウントで最大500種類のカスタムオーディエンスを作成できます。

 

マッチングキー

 

以下のようなマッチングキーが利用可能です。

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 氏名(名)
  • 氏名(姓)
  • 市区町村
  • 州/都道府県
  • 生年月日
  • 誕生年
  • 年齢
  • 郵便番号
  • 性別
  • モバイル広告ID
  • FacebookアプリユーザーID

 

以下は各CRMデータのフォーマットについて記載します。

  • メールアドレス
    • 列のヘッダー
      • email
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 米国向けフォーマットおよび国際フォーマットで使用できるメールアドレス列は1列です。
    • サンプル
      • username@hotmail.co.uk
      • your.name@gmail.com
      • myname@yahoo.com

 

  • 電話番号
    • 列のヘッダー
      • phone
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 電話番号には、マッチングで使用できるように国番号を含める必要があります。例えば、米国の電話番号の前には1を付ける必要があります。1列に1つずつ、最大3列まで電話番号(区切りありまたは区切りなし)列を使用できます。
      • 重要: データがすべて同じ国のものであっても、顧客の電話番号には必ず国番号を付けてください。
    • サンプル
      • 1-234-567-8910
      • 12345678910
      • +44 844 412 4653

 

  • 氏名(名)
    • 列のヘッダー
      • fn
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 名と名の頭文字(アクセント記号付きまたはなし)を使用できます。頭文字はピリオド付きでもなしでも入力できます。
    • サンプル
      • John
      • F.
      • Émilie

 

  • 氏名(姓)
    • 列のヘッダー
      • ln
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 省略されていない姓(アクセント記号付きまたはなし)を使用できます。
    • サンプル
      • Smith
      • Sørensen
      • Jacobs-Anderson

 

  • 市区町村
    • 列のヘッダー
      • ct
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 通常用いられる省略されていない市区町村名を使用できます。
    • サンプル
      • Paris
      • London
      • New York

 

  • 州/都道府県
    • 列のヘッダー
      • st
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 米国と世界の州/都道府県表記(米国の州の省略形を含む)を使用できます。
    • サンプル
      • AZ
      • California
      • Normandy

 

    • 列のヘッダー
      • country
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 国はISOの2文字の国コードで入力する必要があります。
      • 重要: データがすべて同じ国のものであっても、リストに国の列を設けて必ず顧客の国を含めてください。Facebookは世界規模でマッチングを行うため、この簡単な手順によって、リストからできるだけ多くの利用者をマッチングできます。
    • サンプル
      • FR
      • US
      • GB

 

  • 生年月日
    • 列のヘッダー
      • dob
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • Facebookでは18種類の日付フォーマットを使用でき、さまざまな年、月、日の組み合わせ(区切りありまたは区切りなし)に対応しています。
    • サンプル
      • MM-DD-YYYY
      • MM/DD/YYYY
      • MMDDYYYY
      • DD-MM-YYYY
      • DD/MM/YYYY
      • DDMMYYYY
      • YYYY-MM-DD
      • YYYY/MM/DD
      • YYYYMMDD
      • MM-DD-YY
      • MM/DD/YY
      • MMDDYY
      • DD-MM-YY
      • DD/MM/YY
      • DDMMYY
      • YY-MM-DD
      • YY/MM/DD

 

  • 誕生年
    • 列のヘッダー
      • doby
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 誕生年には4桁の数値(YYYY)を使用します。
    • サンプル
      • 1986

 

  • 年齢
    • 列のヘッダー
      • age
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 年齢には数値を使用します。
    • サンプル
      • 65
      • 42
      • 21

 

  • 郵便番号
    • 列のヘッダー
      • zip
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 米国と世界の郵便番号を使用できます。米国の郵便番号には、ハイフンで分けた4桁の拡張郵便番号を含めることもできます。拡張郵便番号は必須ではなく、マッチ率には影響しません。
    • サンプル
      • W11 2BQ
      • 94104-1207
      • 94104

 

  • 性別
    • 列のヘッダー
      • gen
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 性別を表す頭文字を使用します。
    • サンプル
      • M
      • F

 

  • モバイル広告ID
    • 列のヘッダー
      • madid
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • 2種類のモバイル広告IDを使用できます。GoogleがAndroid広告の一部として提供するAndroidの広告ID (AAID)と、AppleがiOSの広告フレームワークの一部として提供するApple広告識別子(IDFA)です。
    • サンプル
      • AECE52E7-03EE-455A-B3C4-E57283966239
      • BEBE52E7-03EE-455A-B3C4-E57283966239

 

  • FacebookアプリユーザーID
    • 列のヘッダー
      • uid
    • 説明とフォーマットのガイドライン
      • Facebook SDKを通じて取得できる、アプリの利用者に対応したIDです。Facebookアプリケーションと関連付けられているユーザーID(数字)を使用できます。
    • サンプル
      • 1234567890
      • 1443637309

 

配信先

 

配信先も複数選ぶことが可能になります。

  • Facebookニュースフィード
  • Instagramニュースフィード
  • Messenger
  • Facebook Audience Network

 

このようにどこに配信するかについても選択できます。

 

基本的な使いかたとしては、

  • Facebookのみ
  • Instagramのみ
  • FacebookとInstagramの両方

が使い方としては多いと思います。

 

Facebook Audience Networkは、Facebook社のネットワークに参画しているメディアに対して、広告配信することができます。

 

そのため、イメージとしてはGDNやYDNのようなアドネットワークで、Facebook内ではなく、Facebook外に広告配信することが可能になります。

 

配信に必要な最低マッチ数

 

CRMデータを利用した配信には、マッチをかけた”後”のボリュームが重要になります。

 

自社が保有する顧客データと、Facebook社が保有する顧客データが一致しなければ広告配信の対象にはなりません。

 

そのため、以下のように配信に必要な最低マッチ数の仕様があります。

  • 配信に必要な最低マッチ数
    • リマーケティング配信:20マッチ以上(1,000マッチ以上を推奨)
    • 類似拡張配信:100マッチ以上(1,000マッチ以上を推奨)

 

リマーケティング配信は、マッチした人に対して広告出稿をする方法です。20マッチから配信可能になるものの、対象となるボリュームが少ないので配信金額としてはかなり少なくなると思います。

 

類似拡張配信は、マッチした人に類似しているユーザーに広告出稿をする方法です。100マッチあれば、類似する際のタネ(シードセグメント)として利用できます。推奨は1,000マッチ以上なので、できる限り多くマッチさせた方が無難です。

 

Facebookカスタムオーディエンスのユースケース

 

CRMデータを利用した広告配信のユースケースも解説しています。

 

以下のようなユースケースが考えられます。

  1. 広告配信の抑制
  2. アップセル&クロスセル
  3. オプトアウト顧客へアプローチ
  4. メール未開封者へのアプローチ
  5. 休眠顧客の掘り起こし
  6. 類似拡張配信

 

各ユースケースの詳細は以下の記事を参考にしてください。

関連記事

CRMデータを利用した広告配信のユースケース【解説】 CRMデータを用いることで、今までの広告配信の幅を広げながら、既存顧客や新規顧客にアプローチをすることが可能になります。 CRMデータを利[…]

crmdata advertising usecase

 

既存顧客から新規顧客まで、一貫してCRMデータを活用した広告配信が可能になります。

 

通常のCookieを利用した広告配信に加えて、CRMデータを利用した広告配信にも積極的に取り組み時代になっています。

 

他の媒体でも利用可能ですので、気になる方はこちらからどうぞ。

 

Googleカスタマーマッチはこちらから↓

関連記事

Google カスタマーマッチとは?【CRMデータを利用した広告配信】 昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。 Appleの「ITP2.3」、Google「3rd Party C[…]

crmdata google

 

Twitterテイラードオーディエンスはこちらから↓

関連記事

Twitter テイラードオーディエンスとは?【CRMデータを利用した広告配信】 昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。 Appleの「ITP2.3」、Google「3rd Pa[…]

crmdata twitter

 

LinkedIn アカウントターゲティング/コンタクトターゲティングはこちらから↓

関連記事

LinkedIn アカウントターゲティング/コンタクトターゲティングとは?【CRMデータを利用した広告配信】 昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。 Appleの「ITP2.3」[…]

crmdata linkedin

 

以上がFacebookカスタムオーディエンスの詳細となります。

今後の広告配信の参考になれば幸いです。