gdnydn

GDNとYDNとは?

GDNとYDNとは?

 

デジタル広告といえば、GoogleとYahoo!の2大メディアがあります。

リスティング広告といえば、まさにこの2つのメディアが日本市場では独壇場です。

 

それは「ディスプレイ広告」にもいえることなのですが、

先日、「ディスプレイ広告」の概要について記事にまとめました。

関連記事

ディスプレイ広告とは   デジタル広告の基礎である「ディスプレイ広告」 について解説していきます。   リスティング広告とディスプレイ広告の違いが明確にわからない方には、 最適な記事だと思います[…]

Digital Dsisplay Advertising

 

そのGoogleとYahoo!の広告出稿メニューである、

  • Google Display Network(GDN)
  • Yahoo! Display Network(YDN)

ですが、

このメニューの特徴でもある「ターゲティング手法」についてまとめます。

 

GDNとYDNのターゲティング手法について

 

これらの「ディスプレイ広告」は、狙いたいターゲットに応じて、セグメントをかけることができます。

 

大きく分けると5つほどセグメントの区切り方があります。

  • デモグラフィック
  • インタレスト
  • キーワード
  • プレースメント
  • リターケティング

 

それぞれのターゲティング手法に特徴があるので解説します。

 

ターゲティング:デモグラフィック

「性別」「年齢」「子供の有無」「世帯年収」などでセグメントをかけながら広告を表示させます。

「子供の有無」「世帯年収」は、GDNのみでターゲティングすることが可能です。

*YDNでも今後対応するかもしれませんが、現状はGDNのみです。

 

「年齢」の区切り方は、

 

GDN:18-24/25-34/35-44/45-54/55-64/65-/不明

YDN:13-14/15-17/18-19/20-21/22-29/30-39/40-49/50-59/60-69/70-/不明

 

となり、GDNとYDNで多少異なるので注意が必要です。

 

ターゲティング:インタレスト

興味関心によるセグメントをかけながら広告を表示させます。

具体的には、

「自動車に興味がある人」=「自動車のブログやウェブサイトを良く閲覧している人など」

という感じで、

複数のセグメントに分けられ選択できるようになっています。

 

GDNは、より細かなセグメントとして、

「ユーザーが積極的に調べている情報など」を用いて、

  • 購入意向の強いオーディエンス(カテゴリのリストを選択)
  • カスタムインテントオーディエンス(キーワードやURLを自由に設定)

といったセグメントも用意しています。

 

ターゲティング:キーワード

あるテーマに関するコンテンツを指定するようなイメージです。

キーワードに関連のあるコンテンツに対して、そのページの広告枠に配信をするターゲティング手法です。

 

例えば、「自動車」というキーワードで設定した場合、

記事内に自動車というキーワードを利用しているブログに広告を出稿することが可能です。

 

ユーザーが自動車に興味あるので、”自動車ブログやウェブサイト”を

閲覧しているときに広告を出稿することができます。

 

*GDNのみ対応していますので注意が必要です。

 

ターゲティング:プレースメント

広告配信するブログやウェブサイトを指定します。

また広告枠の位置も指定できます。

 

プレースメントには、2種類あり、自動プレースメントと手動プレースメントがあります。

自動プレースメントでは、設定したキーワードに対し、過去のデータから関連性の高いウェブサイトに配信されます。

手動プレースメントでは、ディスプレイネットワーク広告の提携先の中から、広告を配信したいウェブサイトを絞ることができます。

 

ターゲティング:リターケティング

一度、自分(自社)のサイトに訪問したユーザーに対して広告を出稿するターゲティング手法です。

サイトに訪問したことがあるという見込み客に対して、商品の購入などを促すことを目的として出稿します。

TOPページでも、資料請求ページでも、リターゲティングの対象とするページはどこでも設定可能です。

 

リスティング広告と併用して、自分(自社)のサービスに高感度なユーザーの刈取りを目的とした出稿がメインです。

CVを獲得するターゲティング手法としても一般的な方法になっています。

 

GDNとYDNのまとめ

 

ターゲティング手法については、一般的なものをまとめました。

より細かなターゲット設定は、媒体社か広告代理店と相談が必要になります。

 

このデジタル広告のターゲティングは基本的にCookieを利用しています。

今後Cookieが制限されていく中で、このようなターゲティング手法が変わると推測できるので、

業界動向は常に把握しておきたいですね!

 

「ITP」も2019年は大きく動いているので、ご興味がある方がこちらから↓

関連記事

ITP2.3 とは?   ITPとは、「インテリジェント・トラッキング・プリベンション(Intelligent Tracking Prevention)」という正式名称ですが、要は、Coookieを制御することで、Safa[…]

 

 

以上がGDNとYDNについての代表的なターゲティング手法の解説となります。

ご参考になれば幸いです。

gdnydn
最新情報をチェックしよう!