crmdata advertising

CRMデータを利用した広告配信【概要】

CRMデータを利用した広告配信【概要】

 

CRMデータを活用したデジタル広告施策は、いくつかの媒体の広告メニューを利用することで実施が可能です。

 

新規顧客獲得をする上で、リスティング広告やディスプレイ広告を活用することは欠かせません。

 

しかし、リスティング広告やディスプレイ広告で見込み顧客を獲得してしまうと、徐々に費用対効果が下がってしまう可能性があります。

 

また昨今は、Cookieを利用した広告ターゲティングはより規制が厳しくなっていますし、今後もより規制がかかっていくことが予測されます。

 

そのような状況ですが、自社顧客のメールアドレスや電話番号、購買情報などといった、企業が持つ資産であるCRMデータを活用したデジタル広告配信が注目を集めています。

 

そんな、CRMデータを活用したデジタル広告配信について解説します。

 

CRMデータを利用した広告配信の概要

 

CRMデータを活用するといっても、イメージがわかないかもしれないのですが、自社が保有する顧客の情報を利用して、適切な広告出稿に活用することが可能です。

 

代表的な媒体は以下のようになります。

  • Google カスタマーマッチ
  • Facebook/Instagram カスタムオーディエンス
  • Twitter テイラードオーディエンス
  • LinkedInアカウントターゲティング/コンタクトターゲティング

 

このようにGoogleやFacebookやTwitterなどの広告配信媒体には、メールアドレスや電話番号といった顧客データをアップロードしてオーディエンスリストを作成する機能があります。

 

各媒体ごとのメニューの特性も本記事内でまとめていますが、基本的に各社できることは同じです。

 

自社が保有するメールアドレス(電話番号など)と各媒体に登録されているメールアドレス(電話番号など)が一緒の場合、その人に向けて適切な広告でターゲティングが可能になる仕組みです。

 

 

CRMデータを利用した広告媒体の種類

 

自社が保有するメールアドレスや電話番号といった顧客の情報を利用することができる代表的な媒体は以下のようになります。

  • Google カスタマーマッチ
  • Facebook/Instagram カスタムオーディエンス
  • Twitter テイラードオーディエンス
  • LinkedInアカウントターゲティング/コンタクトターゲティング

 

各媒体の特徴について簡単に記載します。

 

詳細は媒体別に記事をまとめていますのでそちら参照ください。

 

Google カスタマーマッチ

 

Googleカスタマーマッチは、メールアドレスや電話番号も利用可能ですが、それ以外にも氏名や住所なども利用可能で、よりマッチの精度を高めながらターゲティングが可能です。

 

検索やYouTubeなどに広告出稿できますし、2019年10月頃より、GDN(Google ディスプレイ ネットワーク)にも配信可能となりました。

 

しかし利用条件もありますので、ご注意ください。

 

媒体の仕様などの詳細はこちらにまとめていますので興味ある方はこちらから↓

関連記事

Google カスタマーマッチとは?【CRMデータを利用した広告配信】   昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。   Appleの「ITP2.3」、Google「3rd Party C[…]

crmdata google

 

Facebook/Instagram カスタムオーディエンス

 

Facebookカスタムオーディエンスは、メールアドレスや電話番号も利用可能ですが、それ以外にも氏名や住所なども利用可能で、よりマッチの精度を高めながらターゲティングが可能です。

 

またFacebookの傘下でもあるInstagramについても同様にこのカスタムオーディエンスが利用可能です。

 

媒体の仕様などの詳細はこちらにまとめていますので興味ある方はこちらから↓

関連記事

Facebook カスタムオーディエンスとは?【CRMデータを利用した広告配信】   昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。   Appleの「ITP2.3」、Google「3rd Pa[…]

crmdata facebook

 

Twitter テイラードオーディエンス

 

Twitterテイラードオーディエンスは、メールアドレスや電話番号を利用してターゲティング可能ですが、Twitter IDも利用することで、そのユーザーに的確なメッセージを届けることが可能です。

 

媒体の仕様などの詳細はこちらにまとめていますので興味ある方はこちらから↓

関連記事

Twitter テイラードオーディエンスとは?【CRMデータを利用した広告配信】   昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。   Appleの「ITP2.3」、Google「3rd Pa[…]

crmdata twitter

 

LinkedInアカウントターゲティング/コンタクトターゲティング

 

LinkedIn は、SNSの中でもビジネスマンに特化したサービスのため、B2B向けのメディアです。

 

LinkedIn アカウントターゲティング/コンタクトターゲティングは、メールアドレスや電話番号を利用してターゲティング可能です。

 

媒体の仕様などの詳細はこちらにまとめていますので興味ある方はこちらから↓

関連記事

LinkedIn アカウントターゲティング/コンタクトターゲティングとは?【CRMデータを利用した広告配信】   昨今、Cookieに対する規制が厳しくなっています。   Appleの「ITP2.3」[…]

crmdata linkedin

 

CRMデータを利用した広告配信のユースケース

 

CRMデータを活用することで、以下のような広告出稿がCookieに依存することなく実施が可能です。

  1. 広告配信の抑制
  2. アップセル&クロスセル
  3. オプトアウト顧客へアプローチ
  4. メール未開封者へのアプローチ
  5. 休眠顧客の掘り起こし
  6. 類似拡張配信

などの6つ程度にわけることができます。

 

主に①〜⑤については既に自社の顧客になっている方に対してのユースケースです。

 

⑥については、新規見込み客の獲得する際のユースケースになります。

 

こちらの記事にひとつひとつ解説していますので、ご興味がある方はこちらから↓

関連記事

CRMデータを利用した広告配信のユースケース【解説】   CRMデータを用いることで、今までの広告配信の幅を広げながら、既存顧客や新規顧客にアプローチをすることが可能になります。   CRMデータを利[…]

crmdata advertising usecase

 

CRMデータを利用するためのソリューション

 

MAツールを提供している企業のソリューションを活用することで以下の点を解決できます。

 

まず、CRMデータを媒体社に連携する際に問題となる点が2点あります。

 

  1. CRMデータをセキュアに媒体社に連携できるか
  2. 対象リストの抽出とアップロードがアナログ

 

①CRMデータをセキュアに媒体社に連携できるか

 

CRMデータとは、顧客の情報になります。

 

そのため個人情報を漏洩させることなく、媒体社に連携することが必要です。

 

対象リストを媒体へアップロードする際には、ハッシュ化という技術を用いて、不可逆の情報に変換してマッチを行います。

 

しかし、対象リスト抽出する際には、CRMのデータベースから対象顧客の情報を、操作しているパソコンにダウンロードが必要になります。

 

そのパソコンが万が一盗難にあったり、誤ってメールに添付して誤送信してしまったなどの情報漏洩リスクは付いて回ります。

 

②対象リストの抽出とアップロードがアナログ

 

対象リストの抽出といっても、毎日リスト抽出するようなことは現実的ではありません。

 

例えば、会員登録をした顧客を配信除外リストに加えて、広告配信除外を徹底することで、無駄な広告配信を避けることが可能です。

 

しかしその会員登録をした顧客を自動的に媒体に連携することはできません。

 

新たに対象者のリストをCRMデータベースから抽出し、各媒体へアップドーロをすることになります。

 

意外とこの作業は地味かつ、工数が多くかかりますが、現状はアナログで行うことが多いかもしれません。

 

セキュアに運用+工数削減にできるソリューション

 

Salesforce社は、Marketing Cloudというソリューションを提供していますが、Marketing Cloudとは、MAのことですね。

 

Marketing Cloudでは、顧客の情報管理からメール配信からモバイルプッシュ通知、SMSなどのように配信チャネルがあり、広告チャネルも用意されています。

 

その広告チャネルに連携できるソリューションとして、Advertiisng Studioという名称のツールがあり、Marketing Cloudに格納されている顧客の情報をセキュアかつ自動的に連携できます。

 

今後は、Cookieを利用した広告ターゲティングが難しくなるため、このようなCRMデータを活用した広告配信が多くなると思います。

 

そのようなときに、顧客の情報を漏洩するリスクなし、自動的に媒体に連携できるようなソリューションがあると、安心して広告出稿に活用できますね。

 

参考までにソリューションの情報も参考にしてください。

 

CRMデータを利用した広告施策のまとめ

 

CRMに格納されている既存顧客のデータを利用した広告配信についてまとめました。

 

上記でもまとめていますが、代表的な媒体は以下のようになります。

  • Google カスタマーマッチ
  • Facebook/Instagram カスタムオーディエンス
  • Twitter テイラードオーディエンス
  • LinkedInアカウントターゲティング/コンタクトターゲティング

 

そして、そのユースケースは以下のようになります。

  1. 広告配信の抑制
  2. アップセル&クロスセル
  3. オプトアウト顧客へアプローチ
  4. メール未開封者へのアプローチ
  5. 休眠顧客の掘り起こし
  6. 類似拡張配信

 

このようにCRMデータを活用することで、広告出稿がCookieに依存することなく実施が可能です。

 

今後もCookieに関しては世界的に規制が厳しくなることが容易に想像できるため、自社の1st Party Dataを利用することが重要になります。

 

積極的に自社が保有する資産の有効活用していくことが必要になりますね。

 

以上がCRMデータを利用した広告配信の概要になります。

ご参考になれば幸いです。

 

GoogleのCookie規制についてご興味がある方はこちらから↓

関連記事

「Google Cookie 規制」の概要と影響【サードパーティークッキー廃止】   ついにこのときがきました。   2020年1月14日(火)にGoogleが提供する「Chromeブラウザ」で、サー[…]

google cookie

 

GDPRについてご興味がある方はこちらから↓

関連記事

GDPR(EU一般データ保護規則)とは?【マーケター必須知識】   昨今、記憶に新しいFacebookの個人情報が不正利用などといった、個人情報の取り扱いに関するニュースが頻繁にあります。   こうし[…]

gdpr top

 

CCPAについてご興味がある方はこちらから↓

関連記事

CCPA(カルフォルニア州 消費者プライバシー法)とは?【マーケター必須知識】   2018年5月25日にGDPR(EU一般データ保護規則)が施行されました。   そしてCCPAが思考されるのは202[…]

crmdata advertising
最新情報をチェックしよう!