Google AdSense(アドセンス)の「ads.txt ファイルの問題」の修正方法

Google AdSense(アドセンス)の「ads.txt ファイルの問題」の修正方法

 

Google AdSense の審査も完了し、意気揚々とAdSenseの管理画面を弄っていると、まさかのエラーと思われる表示がありました。

それがこちらです。

 

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

ということです。

「要注意」かつ「収益に重大な影響」というなんとも即刻修正が必要な文言です。

取り敢えず、この「ads.txt ファイル」というものが修正が必要ないわけですね。

このファイルの修正方法についてまとめます。

 

”WordPress(ワードプレス)” と ”XSERVER(エックスサーバー)” で僕はブログを構築しているため、この両方を利用している方が対象になるかと思います。

 

Google AdSense の「ads.txt ファイル」修正方法

 

さて、早速修正方法の手順をまとめたいと思います。

「ads.txt ファイル」修正方法の手順まとめ

  1. Google AdSense 管理画面へログイン
  2. Google AdSense 管理画面からコードをダウンロード
  3. XSERVER(エックスサーバー)にログイン
  4. XSERVER(エックスサーバー)の「ads.txt設定」にアクセスしコードを追加

という感じで、結構簡単にできますので、焦らずゆっくり対応しましょう!

 

「ads.txt ファイル」を手順に沿って修正(画像あり)

①Google AdSense 管理画面へログイン

Google AdSenseへアクセスしてログインしましょう。

 

②Google AdSense 管理画面からコードをダウンロード

 

この画面にある「ダウンロード」をクリックします。

ads.txt というファイル名です。

 

③XSERVER(エックスサーバー)のServerPanel(サーバーパネル)へログイン

XSERVER(エックスサーバー)のServerPanel(サーバーパネル)へログインします。

 

XSERVER(エックスサーバー)のServerPanel(サーバーパネル)へログイン後、「ads.txt設定」をクリックします。

すると、ドメイン選択画面に移動します。

 

 

④XSERVER(エックスサーバー)の「ads.txt設定」にアクセスしコードを追加

今回対象となる”ドメイン名”の「選択する」をクリックします。

すると、”ads.txt設定”画面に移動します。

 

 

この画面で表示されているように、

現在、ads.txt設定はありません。

と表示されているかと思います。

 

そこで、今回設定するのですが、画面一番右側にある「ads.txt直接編集」をクリックします。

すると、直接編集できる画面に移動しますので、こちらで編集作業を行います。

 

 

ここにGoogle AdSense 管理画面からダウンロードしたテキストをコピーして貼り付けます。

すると、下記のように”編集対象”と”追加したads.txt”が表示されますので、右下の「変更する」をクリックします。

 

 

 

 

以上で”ads.txt”を追加することができました。

あとは確認方法ですね。

 

Google AdSense の「ads.txt ファイル」修正後の確認方法

ここまでで修正は完了しましたが、渓谷はすぐには消えない仕様になっています。

通常、警告表示が消えるまでは最大で48時間程度かかるようなので、”ads.txt”ファイルが正常に修正できているかを確認できれば安心ですね。

 

「サイトURL/ads.txt」と検索窓で検索しましょう

自分のサイトURLと、そのURLの真後ろに「/ads.txt」と入力し検索します。

すると、下記のように表示されるか確認します。

 

 

このように表示されていれば、修正完了できているという事になります。

もし表示されていない場合は、どこかで手順が間違っているかもしれないので、見直しましょう。

 

Google Adsenseの「ads.txt」とはどのようなもの?

そもそも「ads.txt」ってなにものなの?って疑問があると思うので、Googleから抜粋します。

 

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

 

注意:変更が AdSense に反映されるまでに数日かかる場合があります。サイトの広告リクエストが多くない場合は、最長で 1 か月ほどかかることがあります。

 

以上で修正完了です!お疲れ様でした。

あとは時間が経てば自ずとGoogle AdSenseの管理画面から警告表示が消えますので、気長にお待ちください。

 

 

Google AdSenseの審査についてはこちらから↓

関連記事

Google AdSense(アドセンス) の審査落ちからの審査通過まで ブログを始めた後に、のちのちにブログを収益化したいと思った時に、アフィリエイトかPPC広告(Google Adsense)の2択になるか[…]

Google AdSense