イーサリアム/Ethereum(ETH)とは?【仮想通貨】

イーサリアム/Ethereum(ETH)とは?【仮想通貨】

 

イーサリアム/Ethereum(ETH)とは、2015年7月に公開された仮想通貨です。

 

イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)に次ぐコインとして世界中で広く取引されています。

 

ユニークな特徴を持つ仮想通貨として人気が高く、仮想通貨のひとつとして広く認知されていますと思います。

 

そしてイーサリアム(ETH)は、アルトコインとしての位置付けになります。

 

今回は、そんなイーサリアム(ETH)について解説したいと思います。

 

イーサリアム/Ethereum(ETH)の概要

ethereum

 

ヴィタリック・ブテリン氏(Vitalik Buterin)によって開発されたプラットフォームとなり、2013年に考案されたイーサリアム(ETH)という仮想通貨です。

 

イーサリアム(ETH)とは、ビットコイン(BTC)同様にブロックチェーンの暗号技術を利用していますが、ビットコインよりもさらに機能を拡張されている仮想通貨です。

 

それでは具体的に特徴についてまとめます。

 

イーサリアム/Ethereum(ETH)の特徴

 

イーサリアム(ETH)の特徴については以下のようになります。

 

  • スマートコントラクトを採用
  • アプリケーション「DApps」のプラットフォーム
  • 短時間で送金を完了
  • 中央銀行が存在しない
  • 発行枚数に上限設定がない

 

スマートコントラクトを採用

 

イーサリアム(ETH)では、「スマートコントラクト」を実行することができます。

 

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で株や債券、不動産などの取引で必要となる契約や価値の移転、履行までを自動で実行してくれるプログラムです。

 

このようなプログラムが組まれていることで、さまざまな契約を自動化することが可能になります。

 

自動化されることで、コストや時間を短縮できる技術として期待が寄せられています。

 

アプリケーション「DApps」のプラットフォーム

 

イーサリアム(ETH)は、先ほどもお伝えしたように「スマートコントラクト」を実行できる分散型プラットフォームです。

 

このイーサリアム(ETH)上で稼働しているアプリケーションに「DApps」があります。*DApps(ダップス)はDecentralized Applicationsの略語。

 

特定のシステムがDAppsと呼ばれるようになるためには以下の条件を満たしていなければなりません。

  1. オープンソースで開発している
  2. 中央管理者が存在しない
  3. システム変更&アップデートにユーザー承認が必要な
  4. データや記録は、公開・暗号化されたブロックチェーンを利用する
  5. トークンを保持し、そのトークンでユーザーに対する報酬が支払われる

 

そのため、DApps(分散型アプリケーション)は、中央管理者がいなくとも、ブロックチェーン上で取引を記録することが可能で、不正行為へも対策がされています。

 

短時間で送金を完了

 

仮想通貨では、マイニングが承認作業になりますが、1回の取引を完了するにはこの承認作業が必要になります。

 

ビットコイン(BTC)では、この承認作業であるマイニングには、「10分に1回」というスピードで行われます。

 

しかしイーサリアム(ETH)では、「15秒に1回」というスピードになっているため、スピーディーな決済が可能になります。

 

このように短時間で、送金ができる点も特徴になります。

 

中央銀行が存在しない

 

中央銀行という存在がないという点も特徴的です。

 

日本円や米ドルには、国や中央銀行が通貨を発行していますよね。日本では日本銀行が発行元です。

 

そのため、為替などの市場の動きを見ながら流通量の調整などの役割を担っています。特に為替変動の急激な値動きには、取引に介入することもあります。

 

そのような中央で管理する組織がない点もイーサリアム(ETH)の特徴になります。

 

*余談ですが、介入のニュースが伝わると、相場変動が激しくなるのでFXなどの取引では要注意です。

 

発行枚数に上限設定がない

 

他の仮想通貨と違って、発行枚数に上限が設けられていません。

 

そのためマイニングされればされるほど、発行枚数が増えていくことになります。

 

上限設定がないということは、希少価値が上がらない可能性もあるということにもつながります。

 

しかしイーサリアム(ETH)は、分散型管理を利用したテクノロジーの開発プラットフォームとなります。

 

通貨としての価値を高めるだけでなく、次世代テクノロジーによるプラットフォームの進化という面を設計思想としています。

 

イーサリアム/Ethereum(ETH)のまとめ

 

イーサリアム(ETH)の特徴について解説しました。

 

イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)に次ぐコインとして世界中で広く取引されています。

 

そしてユニークな特徴を持つ仮想通貨として有名です。

 

特徴を以下のようにまとめていますが、今後の普及に伴い、法整備も整理されると思います。

  • スマートコントラクトを採用
  • アプリケーション「DApps」のプラットフォーム
  • 短時間で送金を完了
  • 中央銀行が存在しない
  • 発行枚数に上限設定がない

 

イーサリアム(ETH)は、時価総額でも2位のため、有名な仮想通貨です。

 

今後もビットコイン(BTC)と同じように注目な仮想通貨になるので、動向チェックは欠かさず行いましょう。

 

以上がイーサリアム(ETH)についての概要になります。

ご参考になれば幸いです。

 

他通貨もまとめていますので、以下の記事より気になる仮想通貨を探してみてください↓

関連記事

仮想通貨とは【日本で買える銘柄と特徴まとめ】   既にさまざまな銘柄の通貨が揃っている「仮想通貨」についてまとめます。   「仮想通貨ってなに?」 「儲かるの?」 「どんな仕組み?」 […]

cryptocurrency top
Advertising