dash top

資産運用

ダッシュ/Dash(DASH)とは?【仮想通貨】

ダッシュ/Dash(DASH)とは?【仮想通貨】

 

ダッシュ/Dash(DASH)は、2015年に誕生した仮想通貨です。*2014年には公開されています。詳細は後述します。

 

ダッシュ(DASH)は、仮想空間で現金のように利用されることを目指した仮想通貨です。

 

特に決済用の仮想通貨として開発されているため、取引の速さと送金の匿名性をもっています。

 

ちなみに日本では法規制がかかっており、「匿名通貨」については取り扱いが中止になっています。

 

今回は、ダッシュ(DASH)について解説したいと思います。

 

ダッシュ/Dash(DASH)の概要

dash

 

ダッシュ(DASH)は、2014年に公開され、Dark Coin(ダークコイン)という名前でしたが、2015年に改名し誕生しました。

 

エヴァン・ダフィールド(Evan Duffield )氏によって、開発されました。

 

何と言ってもダッシュ(DASH)は、決済スピードが早いことが有名です。そしてプライバシーも守りながら送金ができるので、現金を目指している点も納得です。

 

それでは具体的に特徴についてまとめます。

 

ダッシュ/Dash(DASH)の特徴

 

ダッシュ(DASH)の特徴については以下のようになります。

 

  • マスターノード
  • 高速なトランザクション処理が可能
  • マイニングアルゴリズム X11
  • 発行枚数に上限設定がある

 

マスターノード

 

マスターノードとは、1,000DASHを保有する人が担当でき、ブロック承認報酬の45%をもらうことができる特別なノードです。

 

マスターノードは、以下の条件を満たすことで投票権を持つことができます。

  • 24時間ノードを稼働させる
  • インスタントセンド(InstantSend)ネットワークを提供する
  • プライベートセンド(PrivateSend)ネットワークを提供する

 

24時間ノードを稼働させる

1,000DASHを保有していれば権利を与えられますが、マスターノードとしてあるためには24時間ノードを稼動させておく必要があります。

 

インスタントセンド(InstantSend)ネットワークを提供する

ダッシュ(DASH)は、送金時の決済スピードが非常に早いです。

 

インスタントセンド(InstantSend)は、取引における送金や決済のトランザクションですが、その承認を行うのがマスターノードです。

 

このように承認者が決められているので、承認スピードが早くなります。

 

プライベートセンド(PrivateSend)ネットワークを提供する

ダッシュ(DASH)は、匿名性も高い仮想通貨です。

 

プライベートセンド(PrivateSend)は、取引における複数のトランザクションを一度ミックス状態にして確認できないようにすることで、匿名性を守る仕組みです。

 

そして、この操作はコインジョインやミキシングと呼ばれています。

 

インスタントセンドネットワークは送金時のスピードを保ち、プライベートセンドネットワークは取引の匿名性に、それぞれ活用されています。

 

高速なトランザクション処理が可能

 

ダッシュ(DASH)では、上記で解説した、インスタントセンドネットワークとプライベートセンドネットワークという2つに分かれています。

 

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨では、1つのネットワークになりますが、2つに分かれていることで、処理を分けて高速な取引を可能にしています。

 

そのため、約1.3秒という承認スピードとなり非常に早いです。

 

ちなみにビットコイン(BTC)は10分となるので、ダッシュ(DASH)はかなり早いことがわかります。

 

マイニングアルゴリズム X11

 

11種類のハッシュ関数を利用して作られたセキュリティに優れたX11というマイニングアルゴリズムを採用しています。

 

そのため、ASIC(マイニングに特化した装置)の開発が難しいのです。

 

発行枚数に上限設定がある

 

発行枚数にも上限が設けられています。

 

延々にマイニングによって、ダッシュ(DASH)の発掘ができるわけではないのです。

 

ビットコイン(BTC)と同じく、ダッシュ(DASH)も上限を2200万枚として設定されています。

 

これも日本円や米ドルのような通貨とは違います。日本円であれば、市場の動向によって日本銀行が流通量を調整することが可能です。

 

上限が決められている点としては、延々にダッシュ(DASH)が発行され続けられると余分に発行され、希少価値が下がってしまいます。

 

仮想通貨の価値を下げないためにも上限が設定されているのですね。

 

ダッシュ/Dash(DASH)のまとめ

 

ダッシュ(DASH)の特徴について解説しました。

 

ダッシュ(DASH)は、決済スピードが非常に早く、匿名性も高い仮想通貨として、現金のような決済を仮想空間で行うことを目指しています。

 

特徴を以下のようにまとめていますが、今後の普及に伴い、法整備も整理されると思います。

  • マスターノード
  • 高速なトランザクション処理が可能
  • マイニングアルゴリズム X11
  • 発行枚数に上限設定がある

 

ダッシュ(DASH)は、マスターノードやマイニングアルゴリズム X11といった特徴的な技術が採用されています。

 

今後の法規制よって、どのように発展していくかについてチェックが必要です。

 

以上がダッシュ(DASH)についての概要になります。

ご参考になれば幸いです。

 

他通貨もまとめていますので、以下の記事より気になる仮想通貨を探してみてください↓

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://maruchiblog.com/investment/cryptocurrency/]

-資産運用
-, ,

Copyright© maruchi blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.