augur top

オーガー/Augur(REP)とは?【仮想通貨】

オーガー/Augur(REP)とは?【仮想通貨】

 

オーガー/Augur(REP)は、イーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型予測市場を提供する仮想通貨です。

 

オーガー(REP)は、分散型予測市場を提供するプラットフォームになり、ブロックチェーン上に予想に関する様々な取り決め事項や事実認定、そして分配金の清算とったことを記録します。

 

そのため、自由に好きなテーマで個人間での「賭け行為」が可能になる仮想通貨です。

 

今回は、オーガー(REP)について解説したいと思います。

 

オーガー/Augur(REP)の概要

augur

 

オーガー(REP)は、2016年10月に誕生しました。

 

オーガー(REP)は、分散型予測市場を提供する仮想通貨ということで、賭け事などの個人間でやりとりが可能になります。

 

その予測市場とは「なんぞや?」となると思いますが、未来の結果を予測するような商品が該当します。

 

例えば、

  • TOTO
  • 競馬や競輪
  • ブックメーカー

などが該当します。

 

賭け事(ギャンブル)が中心にはなりますが、カジノや麻雀、パチンコといったものは対象外になります。

 

賭け事には、中央管理が存在しますが、ブロックチェーンを利用しているため、個人間で直接やりとりができる点も特徴です。

 

それでは具体的に特徴についてまとめます。

 

オーガー/Augur(REP)の特徴

 

オーガー(REP)の特徴については以下のようになります。

 

  • スマートコントラクトを利用
  • レポーターの仕組み
  • 賭け事だけなく他業種でも利用期待
  • 中央管理が存在しない
  • 発行枚数に上限設定がある

 

スマートコントラクトを利用

 

オーガー(REP)は、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを利用していることで、胴元のように中央管理者存在しません。

 

そのため、胴元がいない公正な賭け事(ギャンブル)をつくることができます。

 

このシステムの必要な条件として、

  • 誰でも予測(賭け事)を作成できること
  • 誰でも予測(賭け事)に参加できること
  • 予測(賭け事)結果を分散的に判断できること
  • 予測が当たったものに対する配当が自動で清算されること

になります。

 

スマートコントラクトを利用することで、上記を実現しています。

 

レポーターの仕組み

 

オーガー(REP)は、レポーターという事実判定する役割を担う人が存在します。

 

この認定作業をレポーターが行い、正しい事実を報告することでオーガー(REP)を報酬として受ける仕組みです。

 

そのため、正しくない事実を報告した場合、オーガー(REP)が減少する仕組みが存在もします。

 

この報告が正しいか間違っているかは、多数決で決まります。

 

予測に関する取り決め事項、ルールやオッズの設定、そして分配金を自動的に記録することができることもブロックチェーンを利用しているからになります。

 

賭け事だけなく他業種でも利用期待

 

オーガー(REP)は、賭け事だけでなく、保険業界などにも利用が期待されています。

 

例えば、

  1. 未来の自分において病気になるという予測をたてる
  2. その未来の予測が当たり病気になったら報酬がもらえる

という予測市場の仕組みが作れたりもします。

 

そのため、金融、不動産などにも応用が期待されている仮想通貨です。

 

中央管理が存在しない

 

中央管理という存在がないという点も特徴的です。

 

TOTOや競馬・競輪といった賭け事には、企業が管理していますよね。

 

すると、賭け事をする側からすれば、その企業を信頼して賭け事をするしかないわけです。

 

万が一、詐欺ようなことも可能性としてなくはないわけですね。(あくまで参考として記載してます)

 

そのような中央で管理する組織がない点もオーガー(REP)の特徴になります。

 

発行枚数に上限設定がある

 

発行枚数にも上限が設けられています。

 

オーガー(REP)にはマイニングはないです。

 

上記でも解説したようにレポーターという仕組みがあるため、報酬は事実認定することで獲得することが可能です。

 

そして、オーガー(REP)には上限があり、1,100万枚として設定されており、既に全てが発行済みとなります。

 

上限が決められている点としては、延々にオーガー(REP)が発行され続けられると余分に発行され、希少価値が下がってしまいます。

 

仮想通貨の価値を下げないためにも上限が設定されているのですね。

 

オーガー/Augur(REP)のまとめ

 

オーガー(REP)の特徴について解説しました。

 

オーガー(REP)は、分散型予測市場を提供するプラットフォームとして存在しています。

 

特徴を以下のようにまとめていますが、今後の普及に伴い、法整備も整理されると思います。

  • スマートコントラクトを利用
  • レポーターの仕組み
  • 賭け事だけなく他業種でも利用期待
  • 中央管理が存在しない
  • 発行枚数に上限設定がある

 

従来の賭け事は、全てを仕切る胴元が存在するため、不正が発生する可能性ありました。

 

しかしこのオーガー(REP)は、スマートコントラクトを利用しており、中央管理者が存在しないため、公正な賭け事を個人間で直接できます。

 

今後は娯楽としての賭け事だけに利用されるわけではなく、保険、金融、不動産など、予測が必要なあらゆるマーケットにおいて応用可能なプラットフォームとして大いに期待されています。

 

以上がオーガー(REP)についての概要になります。

ご参考になれば幸いです。

 

他通貨もまとめていますので、以下の記事より気になる仮想通貨を探してみてください↓

関連記事

仮想通貨とは【日本で買える銘柄と特徴まとめ】   既にさまざまな銘柄の通貨が揃っている「仮想通貨」についてまとめます。   「仮想通貨ってなに?」 「儲かるの?」 「どんな仕組み?」 […]

cryptocurrency top
augur top
最新情報をチェックしよう!